保育園

情報量の多さで選ぶ

東京で保育士の求人を探すには求人サイトを活用しましょう。中でも情報量の多いサイトを活用することをおすすめします。また、サイトが分かりやすく使いやすいものを選ぶようにしましょう。検索しやすいサイトがおすすめです。

詳しく見る

授業

待遇条件が一目瞭然

塾講師の仕事は今でも求人が多い職種です。塾講師には雇用形態が様々ありますので、自分の条件にあった求人を探すには求人サイトが便利です。条件を絞り込んで、更に複数の条件で並び替えをすれば、それぞれのよい条件の求人先を見つけられます。

詳しく見る

介護

研修制度がある

ホームヘルパーの求人は東京で多くなっています。ただし、資格を持っていないと応募できません。実績のない人は研修制度のあるところに応募してみましょう。そうすれば学習する費用もほとんどかからずに住みます。あとは労働条件を確認しましょう。

詳しく見る

男女

条件で探せる

保育士の転職は転職サイトを使って行うと便利です。需要があるので、求人情報はたくさんあります。また、希望条件から手軽に検索できるところも楽です。少しでも今の職場より条件の良い職場を検索して探してみましょう。

詳しく見る

女性

郊外型の仕事の探し方

郊外に注目するのが、働きやすい保育士求人を東京で探す場合の基本であり、検索機能が充実したサイトを利用するのがポイントです。コンセプトに注目して個別の保育園の情報を集めたり、施設の新しさや収入にもこだわると、適職をスムーズに探せるでしょう。

詳しく見る

求人サイトを活用しよう

保育園

自分に合った仕事を探す

今より高待遇の職場で働きたい保育士の方は、保育士の求人サイトの利用をおすすめします。新卒・既卒・転職に特化したサイトで、具体的な条件指定をして無料で探せるのがメリットです。キャリアアドバイザーは一人ひとりの適性を見極めてアドバイスをしてくれるので、自分で探すよりもずっと効率がよいです。転職は一度で成功させるのがベストですが、生涯において2〜3回の転職は珍しいことではありません。注意したいのは年齢を重ねるほど不利になるので、20代〜30代前半のうちに生涯働ける職場を見つけることです。保育士は不足しているため売り手市場の現実にありますが、高待遇の仕事を見つけるとなると簡単ではありません。転職理由のトップには年収への不満があることからも、求人サイトを利用する方は年収にこだわる傾向があります。同様の福利厚生・職場環境にあるならば年収は高いほうがいいので、可能であれば高収入を狙える地域に引越しするのもありです。保育士の求人サイトでは就職・転職フェアを開催しているところもあるので、積極的に参加して転職スキルを磨いていきましょう。スキル・経験年数が人並み以上でも採用されにくい人は多く、その理由としてコミュニケーション能力の問題がよく挙げられます。また自己アピールが苦手な方も採用率は低くなる傾向があるため、アドバイザーの意見を参考にしながらスキルアップを目指しましょう。履歴書・面接対策も重要なポイントで、会社によっては書類選考で80%を決定するところもあるほどです。